小児科

スポーツ診療

当院は、プロスポーツ選手にも多くご利用いただいております。
当院でおこなっているスポーツ医療は、食事指導・栄養指導と、ケガ・故障の早期回復のサポートです。


※当院ではケガに対する急性期の外科的処置はおこなっておりません。

1.食事指導、栄養指導

日本人の体質に合った食事指導・栄養指導をおこないます。
指導の指標となる検査は、
(1)血液検査
(2)オリゴスキャン
(3)遅延型アレルギー検査
(4)通電式検診スキャナーEIS
(5)アイオロジー
(6)望診
などを参考にして指導をおこないます。
検査結果説明ののちに指導をおこないますので2~3回の来院が必要となります。

食事の指導やサプリメントの処方が中心となります。

 

2.トリガーポイント注射

ケガ・故障で慢性的な痛みに悩まされている場合、トリガーポイント注射が有効な場合があります。 トリガーポイント注射とは、痛みのある部位にごく少量の痛み止め注射を使用し、脳への誤った痛み刺激を遮断し、痛みのスパイラルを食い止めます。
これまでの経験では、故障による痛みのため年単位で試合に出られなかった選手が、数回のトリガーポイント注射で痛みがほとんど消失したケースがあります。

3.ケガ・故障のためのサポート

当院では、水素療法、栄養療法、トリガーポイント注射を中心として、ケガ・故障に悩むスポーツ選手のサポートをおこなっております。
場合によっては整形外科医と連携しながら、回復を早めるための治療をおこなっていきます。
これらの総合的なケアにより、故障による手術を回避できたケースがあります。
詳しい治療内容は、診療の際にお問い合わせください。


※当院ではケガに対する急性期の外科的処置はおこなっておりません。

▲このページのトップに戻る