統合医療研究所

表参道首藤鍼灸院


1.鍼灸の特徴

担当:高屋敷・谷中・横田・飯島・日暮

磁気鍼、使い捨ての鍼(針)、お灸を用いて自律神経のバランスを
整えることで免疫力を上げていきます。

<目的>
免疫バランスの調整、免疫力向上、血流改善、痛み対策、
頭痛・耳鳴り・めまい・難聴などの改善、
ホルモンバランスの調整、不妊対策、リラクゼーション、
美容その他
(治療間隔:最初は週に1回を目安。3か月を目途に2~3週に1回へ。半年~1年をめどに、月に1回へ)

●「予防鍼灸」のすすめ
当院では、がんをはじめとする慢性疾患や様々な疾患や状態の方に対して鍼灸治療をしています。
いまだ病気を発症していなくても、「未病」レベルもしくは、肩こりや腰痛レベルの状態で鍼灸治療をすることは、
大病の予防になるかもしれません。
鍼灸の醍醐味は、血流の改善と自律神経の調整です。
また、「鍼(針)」という異物が皮膚から侵入してくることで、その異物に対処するために体内の免疫の細胞が活性化されます。ですので、これからは、「予防鍼灸」という概念があってもいいのかもしれません。
健康増進のために予防鍼灸をされてはいかがでしょうか?
小児の鍼灸治療も受け付けています。

2.タイムスケジュール

【表参道首藤クリニック付属 表参道首藤鍼灸院】

治療時間

10:00~
13:00

1

鍼灸
(高屋敷)

鍼灸
(谷中)

鍼灸
(横田)

鍼灸
(飯島)

鍼灸
(高屋敷)

鍼灸
(高屋敷)※

2 × ×

鍼灸
(高屋敷)

鍼灸
(日暮)

×

鍼灸
(横田)※

 

14:00~
20:00

1

鍼灸
(高屋敷)

鍼灸
(谷中)

鍼灸
(横田)

鍼灸
(飯島)

鍼灸
(高屋敷)

鍼灸
(高屋敷)※

2 × ×

鍼灸
(高屋敷)

鍼灸
(日暮)

×

鍼灸
(横田)※

※ご希望の時間、ご希望の鍼灸師をご予約ください。医師の診療もご希望の方は別途診療のご予約が必要です。
※午前の最終受け付けは12:00、午後の最終受け付けは19:00です。
※土曜日の高屋敷の鍼灸は、第3土曜日は休診です。
※土曜日の横田の鍼灸は、第1、第3土曜日のみ診療です。

3.料金表

【鍼灸料金】
治療40分 5,555円(税込み6,000円)
治療60分 8,240円(税込み8,900円)
治療80分 11,111円(税込み12,000円)

 

4.患者様の体験談、症例報告

<谷中鍼灸師(火曜日担当)の報告例>

○アトピー性皮膚炎
(主訴)46歳女性、全身の痒みと発疹。
(病歴)35歳で出産してからすぐに、全身に強い痒みの発疹 がではじめた。
病院へ行きアトピー性皮膚炎と診断され、ステロイド 軟膏をもらい塗っていたが、顔や手が腫れあがり症状 悪化したのを期に1週間ほど入院。初回は手足に包帯をまいている状態で来院されており、痒みと浸出性の湿疹が全身にでていた。
(鍼灸の実際)
痒み部分に刺絡し、温灸と刺鍼で全身の血流改善をはかった。
特に痒みの強い首をメインに刺絡し、上半身の強い痒みを減らすため手足の井穴刺絡をおこなった。
1週間後、背面と手足の発疹と浸出液はだいぶ減り包帯なしで来院。
刺絡療法の他、上半身の熱を下げる為、下腹部に温灸と手足に置鍼。背際に吸い玉を使い血行促進をはかった。
今は浸出液もでなくなり、肌はまだ乾燥しているが痒みが強く出ることはなくなってきている。

○自律神経失調症
(主訴)40代女性。慢性疲労と頭重感、微熱続き不眠気味。
(病歴)これらの症状が続き病院へ行くと自律神経失調症と診断される。その他、今までには特に大きな病歴はない。
(施術の実際)
この方の頭に触れると、全体的にパンパンに膨らんでとても硬く仙腸関節の動きも少なく左右差があったので、頭蓋骨と仙骨の歪みを正すようにクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)を併用して施術。
施術後は、今までマッサージによく通うも、直後だけ楽になるが効果は 続かなかった様子。
施術後は頭・体の軽さと持続力にも驚いたとの事。
その後は微熱が下り、不眠も徐々に解消。体調が安定しても定期的に通われている。

○美容はり(美顔鍼)
(主訴)
40代女性。最近ほうれい線・目の下のクマ・口角の下がり・眉間のシワが気になる。ひどい肩こりと眼精疲労。
(治療の実際)
顔は、皮膚も薄く体より刺激に敏感なので、体に使う鍼より細いものを使い、痛みはほとんどない。
顔と頭全体に多数刺鍼し、表情筋の刺激と血流改善。手足・肩・首にも置鍼。

施術後、目が大きくなり、肌色明るく、顎のラインがスッキリし。
他、目の下のクマも気にならなくなったと本人自覚。
顔のパーツの左右差も少なくなった。

※体感には個人差があります。この感想集はあくまで個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

▲このページのトップに戻る